「甘すぎない落ち着いたカフェキッチンの家」とご評価いただきました!

母の家のモデルハウス、サンデーラテハウスが遊ベーシックデザインの会の会報で紹介されました。

遊ベーシックデザインの会とは、時代にあったデザイン住宅と豊かな住まいや暮らしを追求されて、工務店や住宅会社がより良い住まいを提供できるように研修会やノウハウを私たちに提供、働きかけてくれる団体です。

サンデーラテハウスは、もともと遊ベーシックデザインの会が提供するデザイン住宅なんですが、遊ベーシックデザインの畑本さんが東京からご来社いただいたのです。母の家としては2棟目のモデル「サンデーラテハウス」を見学され、大変恐縮ですがお褒めのお言葉をいただきましたのでご紹介させていただきます。

遊ベーシックデザインの畑本さんチェック「母の家ならではの工夫・ポイント」

・グレーとブルーを基調とした、男性のも好まれる甘すぎないインテリアにアレンジ!

・お気に入りの雑貨や、落ち着いた色合いで工夫されたリラックスできる空間づくり!

・家族が集まりやすい「カフェキッチン」は、甘すぎないインテリアでかわいい!

・2階にバスルームを置いたことで家事が楽になる上、リビングが広い!

・リビング収納、パントリー、玄関収納庫、ちょっとした隙間に棚を設けるなど収納が豊富!

このようにご評価いただき、ありがとうございます!

畑本さんは、モデルハウスにいらっしゃって、特に興味頂いたのが1階のファミリーリビングと2階のバスルームでした。

畑本さんが気に入っていただいたリビング

リビングは女性の好きなカフェの雰囲気はそのままに、男性にも好まれる「甘すぎないインテリア」とおっしゃっていただいたのが印象的でした。

女性がもっとも気になるキッチンについても、グレーのキッチンカウンターとブルーのタイルであわせたデザインが気に入っていただけたようで嬉しかったです。

また、木目のサーフボードや細かい雑貨屋オブジェにも目を配っていただきました。

畑本さんが気に入っていただいた2階のバスルーム

「モザイクタイルの洗面化粧台が甘さを引き締めてくれる、日使う場所にお気に入りのものがあると自然とテンションがあがっていいですね!」とのお言葉、など表現がすごいですね!さすがたくさんのインテリアを手がけていらっしゃるだけあるなーと思いました。

ランドリーコーナーはアイロンを立って掛けられるようにカウンターを少し高めにしたこと、用途に合わせてつくった収納について、「少しの工夫や気遣いが毎日の家事のストレスを軽減してくれる」とお褒めいただきました。

最後に、遊ベーシックデザインの畑本さんからお言葉もいただきましたのでご紹介します。

 

2018年4月25日、遊ベーシックデザインの会運営事務局より「株式会社母の家」様へお邪魔させていただきました。『サンデーラテハウスは実物(モデルハウス)を見て、気に入ってご購入していただくことが多い』という山田様からのお話の通り、大変居心地の良いモデルハウスでした。DIYが得意とのことで、ご自身でセッティングされたというインテリアも本当に素敵でした!

また、女性だけで考える商品開発プロジェクト【第2弾】COCO terraceのモデルハウス展開も検討されているとのことでした。COCO terraceに関しましても、ニュースや活用事例などを会報にてご紹介させていただきます。

山田様お忙しい中、本当にありがとうございました。

 

お褒めのお言葉、ありがとうございます。

私も、遊ベーシックデザインさんとの出会いには大変感謝しています。

これからも、母の家として、女性の目線で母親の目線で家族が毎日笑顔で過ごせられる住まいを提供できるように、これからも邁進していきたいと改めて思いました。