家を建てる時に絶対知っておきたい【坪単価】の仕組み

家を建てる時必ず耳にする坪単価。
多くの方は「坪単価が安い=安い 坪単価が高い=高い」と思ってしまいがちですが、実はそうではないんです。
予算を検討するうえで坪単価が参考にならない場合もありますので、坪単価の仕組みをよく知っておく必要があります。

よく耳にする坪単価って何?

一般的には工事金額を「延べ床面積」で割ったものを坪単価といいます。
※延べ床面積とは、 建物の各階の床面積の合計のことです。

1坪の大きさは約1820mm×1820mm(畳2枚分)
(約3.305785124平方メートル)

一坪は畳二畳分

例えば、本体価格2000万円で延床面積が40坪なら
2000万円÷40坪=50万円 なので一坪50万円の計算になります。

このように見ると、家を建てる時に比較しやすいと思うかもしれませんが、実はこのままの坪単価通りに建てられるケースはほとんどありません。
その理由について、分かりやすく説明していきたいと思います。

注意したい「延べ床面積」と「施工床面積」の違い

延べ床面積とは何か

延べ床面積とは建物各階の床面積を合計した面積の事。床のない吹き抜け部分、バルコニー、小屋裏、ポーチは含みません。

施工床面積とは何か

施工床面積とは、 延べ床面積には含まれない部分(バルコニーや吹き抜け、玄関ポーチやロフトなど)を含めた面積事です。実際に施工した面積をもとに算出されます。

注意したい点が「延べ床面積」よりも「施工床面積」の方が広くなる事です。 同じ家でも割る面積の多い「施工面積」の方が安く表示することができます。会社によって、どちらで算出されているかしっかりと確認しましょう 。

「坪単価」=建築工事金額 ÷ 延べ床面積…坪単価が高くなる
「坪単価」=建築工事金額 ÷ 施工面積 …坪単価を安く見せられる

※hahanoieは延べ床面積で算出しています。

延べ床面積で計算した場合
1500万円(本体価格) ÷ 35坪 = 43万円

施工床面積で計算した場合
1500万(本体価格) ÷ 41坪 = 37万円

  (坪単価6万円ダウン)

※本体価格は同じだが、施工床面積で計算すると坪単価を安く見せられる

本体価格と諸経費について

家を建てる費用の割合は、本体価格7割 設備費や諸経費などの費用3割と言われています。
本体価格は、延床面積のことで、坪単価の金額だけでは、家は建てられません。家を建てるには、坪単価(本体価格)以外に別途工事費や屋外設備費などの諸経費もかかりますが、それらの金額は一般的に含まれていない場合が多いです。

坪単価には明確なガイドラインなどが決まっていない為、施工会社によっては 、家の本体価格にカーテンやエアコンなどの費用を含めている場合もありますので、 どこまで坪単価に入っているのかしっかりと確認する必要があります。

同じ施工面積でも家の形状で単価も変わる

同じ40坪の家でも、家の形で坪単価が変わります。
外壁に面する部分には断熱材、気密材、防水材、その下には基礎工事が施されます。長細い家、凹凸がある家と総二階の家では、壁面積なども異なる為、同じ床面積でも費用が変わる事になります。
複雑な形になるとその分、材料費などが増える為コストアップになり、坪単価も上がる事になります。

同じ大きさでも形が変わると柱や外壁の面積が変わる為価格も変わります

坪単価はあくまで参考価格として考える

延べ床面積が小さいのに坪単価があがる

延べ床面積が小さければ、かかってくる費用も安くなると思ってしまいがちですが、坪単価は、建物の延べ床面積が小さくなるにつれて割高になっていく傾向があります。
延べ床面積を小さくしてもお風呂やキッチン、トイレなどの住宅設備は必要な物ですよね。これらの設備は他の場所と比べると、住宅設備がある部分は費用が高いので、延べ床面積が小さいほうが坪単価は高くなってしまうのです。

注文住宅はこだわればこだわるほど価格も上がる

注文住宅の場合、キッチンやお風呂の設備を充実した物にしたい、造作家具やこだわった内装にしたいなど、内装や外装に金額をかければ坪単価もあがります。
一概に坪単価のみで他のハウスメーカーや工務店と比較して、その家が安いのか高いのかという判断をする事は難しいのです。
しかし、同じハウスメーカーの商品の比較の目安にはなるかと思います。
坪単価は建てたい家の本体価格を出すためではなく、予算を検討するうえでの参考価格として考えるといいかもしれません。

規格住宅は坪単価通りに建てられるって本当?

モデルハウスを見てそのまま建てたい!と思っても実際にはオプションばかりで予算に合わなかった経験などありませんか?
規格住宅とは、間取り、内装、外装設備などいくつかあるパターンの中から自分にあったプランを選び建てる住宅の事。
規格住宅の場合は、あらかじめパターンが決められている為、価格の変動幅が少ないケースが多い為、家全体の予算も立てやすいんです。

【坪単価60万で】hahanoieのセミオーダー住宅・サンデーラテハウス

セミオーダー住宅 サンデーラテハウス

hahanoieは注文住宅が基本ですが、サンデーラテハウスとココテラスという、 女性目線の使いやすさを考えたセミオーダー住宅もご用意しております。
間取りのパターンは30プランある中からお客様に合ったプランを選んでいただく事が出来ます。
「サンデーラテハウス」ではモデルハウスで展示されている設備がそのまま標準装備になっているので、坪単価を超える事が無く建てて頂く事が出来ます。

サンデーラテハウスは、 オールドアメリカン、ヴィンテージのお洒落なデザイン。使いやすい家事動線、奥様女性目線の細かな工夫で家族みんなが暮らしやすい間取りになっております。

注文住宅を建てたいけれど、どのくらいの費用がかかるんだろう?どんな家が建てられるんだろう?と分からない方って沢山いらっしゃると思います。
サンデーラテハウスは規格住宅ですが、暮らしやすい間取りの工夫やお洒落なデザインなど、注文住宅をお考えの方の参考にもして頂けると思います。

坪60万でも、ここまでこだわった住宅が作れるサンデーラテハウス!
是非見学に来て、参考にして頂けたらと思います。
見学は、随時出来ますので、お気軽にお問合せ下さい。