理想の子供部屋の形や広さはどのくらい?事例から考える子供部屋のつくり方

子供部屋を考えた時、どのくらいの大きさにすればいいのか、独立した部屋にするか、大きな部屋にして将来仕切れるようにすればいいのかなど、子供部屋について迷われる方が多くいらっしゃいます。
どのようにして子供部屋を考えればいいのかを事例をもとにご紹介したいと思います。

子供部屋の形を決める時の考え方

子どもが小さい時は意外と使う頻度も少ない子供部屋、家づくりの時にどんな風に造ればいいのか、何が正解なのか見えてこない人も多いと思います。
そこで、考え方としては
●最初は広く使えて、将来仕切る可能性も念頭にする
●最初から独立した子供部屋にする
この二つに分かれる事が多いので、それぞれの選ぶ時のポイントをお伝えしたいと思います。

独立した部屋の間取り

お子さんの性別が違う場合や 兄弟、姉妹で年齢差がある場合 、将来的に別々の部屋で過ごす事を考えて最初から個室にする場合が多いです。
それから、お子さんの年齢が大きい場合も個室にする事が多いですが、年齢が大きいお子さんがいらっしゃる場合は、間取りを決める時にお子さんにも相談して一緒に考えてみてもいいかと思います。

最初は広く、将来仕切る部屋の間取り

同性の兄弟、姉妹の場合は、小さいうちは部屋を使うことが少ない為、広く作り広々と遊べるように大きく作り将来仕切る形にする場合が多いです。

お子さんが一人で、将来もう一人ほしいとお考えの方には、上のお子さんの年齢にもよりますが、将来仕切る作りにしてもいいかと思います。

将来仕切る時に、壁を作って仕切る事が一般的ですが、家具やカーテン、扉で仕切る事も出来ますので、必要になった時にお子さんと話し合ってみて下さいね。

部屋の広さはどのくらいがベスト?

次に子供部屋の広さについてですが、どのくらいの大きさが丁度いいと思うかは、建てる方の感覚によっても違いますが、「6畳くらいがいいかな」とお考えの方が多いです。

では、どのくらいの部屋がベストなのか考えていきたいと思います。

6帖の部屋の大きさ

6帖の部屋は、机、ベットを置いてもゆとりがあり広々と使える空間になります。お友達を数人呼んでも余裕があります。一人で使うには、十分な大きさです。

6帖の子供部屋。ベット、机、テーブルを置いても余裕があります。

5帖~4.5帖の部屋の大きさ

5~4.5帖の部屋は、机、ベットを置いてピッタリな大きさです。ほかのスペースは6畳に比べて少し狭くなってしまいますが、ちょっとしたテーブルを置いても大丈夫な大きさになります。

上から見た4.5畳の子供部屋。荷物は全てクローゼットに収納する事で残りのスペースを有効利用できますね!

3.5~4帖の部屋の大きさ

3帖と聞くとかなり狭いイメージがありますが、不可能な大きさではないと思います。
・ロフトを作り、下に空間を作る
・家具の工夫をする
・クローゼットを作らず共用のファミリークローゼットを活用する

など工夫次第で、効率のいい子供部屋を作る事が出来ます。
例えば、ロフトベットを使用し空間を縦に使う事でベットの下にスペースが出来るので、部屋を無駄なく有効活用する事が出来ます。

3.5帖の子供部屋

家の広さに余裕があり、子供部屋を大きく作れる場合とあまり大きく作れない場合があると思います。
将来的に長くは使わない子供部屋なので、広く作らずに4.5帖くらいの大きさにつくる方もいらっしゃいます。

狭い子供部屋の場合でも工夫次第で快適な空間にする事は可能です。
また、お子さんが限られた空間でうまく部屋を使うことや工夫する事が成長に繋がるなどメリットもあります。

最初は広く後から仕切る部屋

hahanoieで建てられたお客様も後から仕切れるようにする方が多くいらっしゃいます。
子どもが小さいうちは、広い部屋で走って遊べたり、まだ一人で寝れないうちは、広い子供部屋を寝室にして一緒に寝る方もいらっしゃいます。
兄弟がいらっしゃる場合は机やベットを並べて仲良く一緒に過ごす事も出来ますね。

理想の子供部屋の作り方は、家の大きさやお子さんの年齢や性別によって考える

子供部屋は、家の広さ、お子さんの性別、年齢によっても作り方が変わってきます。
子供部屋作りで迷った時は、 ご家庭の環境に合わせて考えていくと、想像しやすくなると思います。

hahanoieでは、お客様一人一人に合わせた間取りや使いやすい家事動線の工夫、収納に関するお悩みに応じたご提案をしております。
家族の快適な暮らしのため、寄り添った家づくりを実現したいと思っておりま す。

家づくりでお悩みの際はお気軽にお問合わせください。

0120-525-851